スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Michael Jeffries,Karyn White,Jeff Lorber
'89 Michael Jeffries / Michael Jeffries
060415202327.jpg
Jimmy Jam & Terry Lewis,Jellybean Johnson
DJ Eddie FをProducerに迎えた元TOWER OF POWER
('78~'81)3枚のアルバムに参加マイケル・ジェフリーズの1st。

なんといっても
1.Not Thru Being With You
フライトタイム系NJSナンバー
デビューまもない当時売り出し中のKaryn WhiteとのDUET
B.VoにはLISA KEITHもいます。

結局1枚で消えてしまいましたが・・・
Michael Jeffries,Karyn Whiteとくればやはりコレ

'86 Jeff Lorber / Private Passion
060415201542.jpg

めずらしくLP持ってますw試聴

Michael Jeffries,Karyn Whiteがソロデビュー直前に参加したプロジェクト
1.Facts Of Loveが売れてキャリンは一躍有名になり
88年アルバムKaryn White(Babyface印)で大ブレイクしたのはご存知のとおり。
060415202200.jpg


Jeff LorberというとJAZZのイメージがありますが
このアルバムは打ち込みを多用したダンス・ブラコンのノリで
とても聴きやすく好きなアルバムです。

この人もキャリア長いですね~プロデュースもケニー・Gから安室奈美恵までwと幅広くやってます。

ではSOUL TRAIN出演時の動画です。

~~公開終了~~





テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

2006/04/15 21:01 | NEW JACK SWING | COMMENTS(6) | Trackback(0) | pagetop↑
<<Babyface Sues Anita Baker | ホーム | SOUL TRAIN ソウル・トレイン #675>>
コメント
あぁ!Michael Jeffries何気に好きなんですよぉ!!
このNot Thru Being With Youも何度踊った事か!w
この近辺の打ち込み&サンプリング使い
ブラコンはやっぱりいいなぁ・・・・v-10
oya_g * URL [編集]2006/04/15 22:09
>oya_g
シンセFUNKダイスキですw
たしかにカラダが動き出すリズムだよな~
アレックス・シェレール・JANET RN1814もだけどここら辺の
ジャム&ルイスはTeddyの好敵手だった(笑)
jamz_flava * URL [編集]2006/04/15 22:37
その当時来日しましたね。
ライブ見ました。バンドの演奏もバッチリで良かったです。
それほどヒットしていなかったためか、その後に出てきた James "JT" Taylor の方が盛り上がってました。
keisuke * URL [編集]2006/04/16 15:42
>keisuke さん
いいなぁ~羨ましいデス
ライナーに書いてありましたが、87年6月のジェフ・ローバー・フュージョンコンサートでしょうか?
James "JT" Taylorもデスカ!w
私もそっちに盛り上がってたかも(笑)

あと遅ればせながら
LINKさせてもらいますのでお願いします。
jamz_flava * URL [編集]2006/04/16 18:54
87年のコンサートに行きたかったのですが、チケット代高めで行きませんでした。確か1万前後だったような・・・。オレが行ったのは89年か90年に青年館で行われたコンサートです。
keisuke * URL [編集]2006/04/17 13:57
>keisuke さん
当時で1万円とは(外タレとはいえ)高額でしたね~
JPOPシンガーが3~4千円の時代ですからw
NETも無い時代のLIVE経験って貴重ですね!
jamz_flava * URL [編集]2006/04/17 20:11
コメントの投稿












display permitted only to blog manager

トラックバック
トラックバックURL
http://jamz.blog10.fc2.com/tb.php/95-f2471773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。