スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
The man behind 'Dangerous' Teddy Riley
Teddy Riley talks about working with Michael Jackson
on the "Dangerous"



初めは思い出話に笑顔もみえますが・・・・。




これ見てまた(Teddyもですが)泣いてしまった。
娘さんももちろんファンだったようで・・・。

マイケルにGENIUSと言われた男
Teddyの悲しみもはかり知れないと思います。

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽

2009/07/04 23:43 | Michael Jackson | COMMENTS(2) | Trackback(0) | pagetop↑
<<雨ニモマケズ Rap by KUBOTA | ホーム | R.I.P.>>
コメント
jamzさん、、おはよ。

ぅわ・・
Teddy、このアルバムで何曲が手がけていますし、来月、、ビルボードのliveも、、大丈夫でしょうかね?
teddyの娘さん、初めて知りました。
マイケルと親交あった方々は、みな、まだ、受止められないみたいですもんね・クィンシーも、、追悼式は出ないっていうし。。悔やまれます。
JJ * URL [編集]2009/07/05 11:13
Teddyの娘もこの世界に入りましたよね。

>JJさん
Dangerousのメインprodはテディだし
マイケル的NEW JACKを炸裂させてくれたこのアルバムは
スリラー、BADより聴いたアルバムかもしれない。

来日では追悼songやるでしょうね
辛いだろうなぁ。

マドンナのo2でのLIVE映像見てまた涙が・・・。
jamz_flava * URL [編集]2009/07/05 23:12
コメントの投稿












display permitted only to blog manager

トラックバック
トラックバックURL
http://jamz.blog10.fc2.com/tb.php/262-7c07bf69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。