スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
R.I.P.
252224.jpg



何か記事書こうと思いつつ
この喪失感がどうにもこうにも・・・・。

まいったね。

マイケルが死んじゃったなんて。


先週末はまだ実感がわかなくて
ただ昔自分で録画してたマイケル関連のビデオを必死になって探して見てた。既出だけどやはり自分でUpしたくて。


報道も見てたけどなんだかなぁ~。
HOWマッチのナレーションがやってた番組は最悪だったね。
あの番組ってもしかして自称エンタ通(ただのミーハー)の司会者(オークションのカタログも買って自慢してたヤツ)自身が「マイケルのことならまかせとけ!」
みたいな感じで夜の特番も決行したんじゃないのかな?
それならもっと「愛」が欲しかった。タイトルからしてTOO BAD。
死者に鞭うってどーすんだよ。
ファンから相当批判いったと思うけど本人はどう思ったことやら。。。
UFO焼きそばのCMタレントは論外。


日テレは必ずあの映像を使うだろうと思ったら
やはり独占特番! マイケル・ジ ャクソン 1440時間の全記録
からの編集でした。見慣れた映像だけど、今の若いファンには新鮮だったみたいで
好感が持てました。

スマはまた見れたのはいいんだけどナレーションがハリキリすぎて
とても追悼とは・・・
前回はまだ地デジ無かったしHDで放送されたわけだから
ブートDVD業者のいいネタ元になってしまったんだろうな。



ずーっと車でもヘビロテで聴いてます
今はダンス系しか無理。バラード聴くと自然と涙が溢れてくる。


悲しいというより悔しいんだよな。


でも今はネットがあって良かったと思う。(ex.レノン)
悲しみをリアルタイムで共有できるから。
マイケルファンサイト運営の方々、悲しみのどん底の中更新ほんと頭下がります。

あんなに冷たかったアメリカでチャート独占だそうで。
日本も売れてるには売れてるけど
当時の人気から比べると冷ややかなもんです。
発売数ヶ月後にはBOOK OFFで100円JPOP聞いてればいいさw



これも有名とは思いますがマイケルの偉業をコンパクトにまとめた動画です。10分弱。



リハーサル画像が生き活きと見えれば見えるほど
どんなTHIS IS ITを魅せてくれたんだろう?と悔いが残ります。




マイケルのスピーチはいつも心打たれました。

世界をまわって 多くを学びました
実感したのは世界中どこでも 人は愛し
愛されることを望んでいるということ
愛は国境を越え 憎悪や人種差別
偏見や無知といった傷を癒すのです
愛こそ万物の本質にある 真実です
神様と両親に感謝します



リズに表彰されて本当に嬉しそうなマイケル。



彼はありあまる愛で世界中の人々を癒した
その役目を終え、今、神に召された・・・と思うしかないのかな。


でもまだ早いだろ!



Never Can Say Good Bye Michael.


テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽

2009/07/02 00:02 | Michael Jackson | COMMENTS(6) | Trackback(0) | pagetop↑
<<The man behind 'Dangerous' Teddy Riley | ホーム | R.I.P.>>
コメント
Jamzさーーん、ぬおぉおおおー!
ほんと、、おちますたねー。
ワタピも、普通にMJの絶頂期を見てきた世代なので、得に記事にしてまでの大ファンという熱烈ファンではなかっけど、、彼のすべては言葉に語るには、語りつくせないほどのビッグな存在でしたおー。
だので、日常的にTVやラジオでも、
あの頃は簡単に情報が入ってきてたし、すげぇーよーすげぇーよ感は圧倒的で、、彼のしてきた功績は、右に出る人も居なければ、これから先も居ないというほど。当たり前に耳にも身体にも記憶にも沁みついてきちゃってたから、改めて、亡くなってその存在が大きかったと実感していますよ。
jamzさんの記事からも、彼のプロとしての音楽に対するこだわりは只者でなかったよね。
liveでの口パクをしないで、歌うとこなんて、本質を貫きとおした人だったのだね。あたしも、信じられないほど、ここ数日、冗談がいえないまま・・でも、それは、マイケルの望んでいないことだと人に言われて、我に返り、、彼の最後のスリラーの撮り直しや、UKツアーのリハーサルの映像見て、、また、マイコーと喝采しとります。
JJ * URL [編集]2009/07/03 10:50
JJさん お久しぶりです。

ほんっとこの一週間、心にぽっかり穴が開いたようで。。。
ぼーっとしてました。
今日もリハーサル映像見て「かっけー!」と感動とため息の連続でした。

BET AW もFULLで見る機会があってNE,GUY,キース,BBD,テビンと物凄いメンツのSHOWだったのですがマイケルのことがあって心底楽しめなかったです。

まー確かに落ち込んでばかりもいられないので
後世にマイケルの凄さ素晴らしさを伝えていく一員にならなくては・・・
とも思っています。
jamz_flava * URL [編集]2009/07/03 22:22
jamz_flavaさん、ご無沙汰してます!

マイケルの死によって、自分がこんなにショックを受けるとは思っていませんでした。彼の不在は大きい。信じられない…信じたくないです。

子供の頃、“スリラー”のPVを初めて観たときの衝撃と言ったら忘れられません。何語か知らないけど、何だか解らないけど、格好良いと言う事だけはハッキリと理解できました。洋楽の存在を私に教えてくれたのは、マイケルでした。

これからは周りの好奇の目に晒されず、心無い人たちに傷つけられることも無く、安らかに眠れるのだと…そう信じてます!合掌。
songri * URL [編集]2009/07/05 10:51
ご無沙汰しております。
ちょこちょこと覗いてはおりましたが、マイケルの訃報後、まっさきにこちらを見にきてしまいました。
JJさんと同様、マイケルの存在というのはあまりにも身近であったため(音楽がいつもそばにあるという意味で)、Jamzさんのようにファンを自称するほどではなかったのですが、自分でもびっくりするほどの喪失感で呆然としておりました。
まだ記事にまとめることもできないでいるのですが、とりあえず何年間も普通に毎日のように聞いてきた「Rock With You」を阿呆のようにリピートしています。
もうちょっと整理がついたらブログにも書いてみようかな・・・。
と、自分の気持ちばかり書きなぐってしまってごめんなさい。
私以上に辛いだろうに、いろいろ貴重な動画をアップしてくれて本当にありがとうございます。

ホント、偉大なアーティストですよね。
しみじみ。
めぐみ * URL [編集]2009/07/05 20:31
>めぐみさん
お久しぶりです。ファンと言っても常に記事にしてきたわけではないので
みなさんと同様だと思いますよ。
確かに「音楽がいつもそばにあったな」

1987年映像それも11PMwでの特集をUpしてるのは私くらいか(汗
当時はマイケルがTVに映ったら(ベストヒットUSA等)録ってた記憶があります。

追悼番組するなら小林克也さんクラスの人選をして欲しいものです。
(コメントで話してるのは見ました)

あまりに偉大すぎてまとまらないですよね。
書きなぐりでいいと思いますよ。
jamz_flava * URL [編集]2009/07/05 23:14
>songriさん
お久しぶりです。
なんか日を追うごとに悲しみがこみ上げてきますね。

スリラーを初めて見た時は青年?だったけど
特殊メイクの怖さに「これ子供見たら泣くだろ!?」
と思った記憶があります。
ダンスは本当にかっこよかった!


久保田ももちろん大好きだと思うので
何処かでコメント出るでしょうね。

jamz_flava * URL [編集]2009/07/05 23:26
コメントの投稿












display permitted only to blog manager

トラックバック
トラックバックURL
http://jamz.blog10.fc2.com/tb.php/261-1b6843f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。