スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
雨ニモマケズ Rap by KUBOTA
「任侠ヘルパー」の主題歌
SMAP「そっと きゅっと」が久保田利伸 作曲なんですね。

めずらしいw
SMAPが"アレ"なんで可もなく不可もなくですが
久保田がまたちょっと表舞台に出てくるのはよろしいことで。

番宣好きのフジのことだから
スマスマ歌コーナーにまた出る可能性あるかも?
(出てもソロでは歌わせてもらえないんだけどねw)


では懐かし動画再Up










蔵出しレア物もいきましょ(笑)


「It's BAD」のRap部分の原型だっけ?
一緒に映ってるベース弾いてる男性アイドルは誰でしょう?
若い世代は知らんだろな~

↓答えは黒文字

スケバン刑事で「影の総統」だった長島ナオトです(笑)


確かデビュー年の1986年だったと思われます。





テロップがLapになってるけどRapだろww
それだけ当時Rapは(日本で)一般的な言葉じゃなかった・・・ということで。

スポンサーサイト
2009/07/22 22:20 | 久保田利伸 | COMMENTS(0) | Trackback(1) | pagetop↑
The man behind 'Dangerous' Teddy Riley
Teddy Riley talks about working with Michael Jackson
on the "Dangerous"



初めは思い出話に笑顔もみえますが・・・・。




これ見てまた(Teddyもですが)泣いてしまった。
娘さんももちろんファンだったようで・・・。

マイケルにGENIUSと言われた男
Teddyの悲しみもはかり知れないと思います。

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽

2009/07/04 23:43 | Michael Jackson | COMMENTS(2) | Trackback(0) | pagetop↑
R.I.P.
252224.jpg



何か記事書こうと思いつつ
この喪失感がどうにもこうにも・・・・。

まいったね。

マイケルが死んじゃったなんて。


先週末はまだ実感がわかなくて
ただ昔自分で録画してたマイケル関連のビデオを必死になって探して見てた。既出だけどやはり自分でUpしたくて。


報道も見てたけどなんだかなぁ~。
HOWマッチのナレーションがやってた番組は最悪だったね。
あの番組ってもしかして自称エンタ通(ただのミーハー)の司会者(オークションのカタログも買って自慢してたヤツ)自身が「マイケルのことならまかせとけ!」
みたいな感じで夜の特番も決行したんじゃないのかな?
それならもっと「愛」が欲しかった。タイトルからしてTOO BAD。
死者に鞭うってどーすんだよ。
ファンから相当批判いったと思うけど本人はどう思ったことやら。。。
UFO焼きそばのCMタレントは論外。


日テレは必ずあの映像を使うだろうと思ったら
やはり独占特番! マイケル・ジ ャクソン 1440時間の全記録
からの編集でした。見慣れた映像だけど、今の若いファンには新鮮だったみたいで
好感が持てました。

スマはまた見れたのはいいんだけどナレーションがハリキリすぎて
とても追悼とは・・・
前回はまだ地デジ無かったしHDで放送されたわけだから
ブートDVD業者のいいネタ元になってしまったんだろうな。



ずーっと車でもヘビロテで聴いてます
今はダンス系しか無理。バラード聴くと自然と涙が溢れてくる。


悲しいというより悔しいんだよな。


でも今はネットがあって良かったと思う。(ex.レノン)
悲しみをリアルタイムで共有できるから。
マイケルファンサイト運営の方々、悲しみのどん底の中更新ほんと頭下がります。

あんなに冷たかったアメリカでチャート独占だそうで。
日本も売れてるには売れてるけど
当時の人気から比べると冷ややかなもんです。
発売数ヶ月後にはBOOK OFFで100円JPOP聞いてればいいさw



これも有名とは思いますがマイケルの偉業をコンパクトにまとめた動画です。10分弱。



リハーサル画像が生き活きと見えれば見えるほど
どんなTHIS IS ITを魅せてくれたんだろう?と悔いが残ります。




マイケルのスピーチはいつも心打たれました。

世界をまわって 多くを学びました
実感したのは世界中どこでも 人は愛し
愛されることを望んでいるということ
愛は国境を越え 憎悪や人種差別
偏見や無知といった傷を癒すのです
愛こそ万物の本質にある 真実です
神様と両親に感謝します



リズに表彰されて本当に嬉しそうなマイケル。



彼はありあまる愛で世界中の人々を癒した
その役目を終え、今、神に召された・・・と思うしかないのかな。


でもまだ早いだろ!



Never Can Say Good Bye Michael.


テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽

2009/07/02 00:02 | Michael Jackson | COMMENTS(6) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。