スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
DANCEDAZE
060523211550.jpg

ダンスだぜ?

ビデオ整理してたら珍しい録画TAPEが出てきました。
昔、BSに加入してたんですが90年代初期、N○K BSは結構レア物を放送してたんですよね。
(Babyface LIVE in JAPANしかり)

録るだけ録って全然見てなかったのですが、見てみたらこれが凄い!(って15年も放置かよww笑)

90年代初期イギリスのチャンネル4で放送された
Brixton AcademyでのLIVEなんですが当時のUK SOULがぎっしり詰まってます!
もう消滅したり解散したグループのパフォーマンスは貴重です。
(会場全体がCLUBと化してます!前ポストのボデコンGALとは大違いww)

探したら商品として日本版もあるみたいです。
060523212557.jpg

ジャンルはレゲエ、ヒップホップ、ソウル、ハウスなど。
イノセンス、オマー、ワーキングウィーク、カクタスレイン、ベイビーフォード、ルースエンド、BASS-O-MATIC、QRZ、WUNNI、THIRST,THESHAMEN、デビッドグラント、N-JOI、レゲエフィルハーモニックオーケストラ、ブランドニューヘビーズ、ムーブメント98フューチャリング・キャロルトンプソン、SINDECUT、TACKHEAD、ドナ・ガーディアー、ダブルトラブル、ビートシステム、クールドーンゾーン、WOP BOP TORLEDO、ティーチャー、キャンディフリップ、ダディーフレディー、デボラ・コンウェイ、ジャクリーンブラウン、ジャイマンディ&リヴィングベース、キッキングバックウィズタックスマン、ロニーゴードン、ニュートロン9000センティネル、MCデュークナイトトレイン、テンパーテンパー、MCワイルドスキー、サブソニック、シャットアップ&ダンス、M-VITA、アウトロウポゼス。など。


↑凄いメンツでしょ?

'90 OMAR / There's Nothing Like This
060523221614.jpg
ACID JAZZムーヴメントの黎明期Talkin' Loudレーベルでの
この作品はヒットしましたね~
自宅録音ということもあって音はチープなんですが
There's Nothing Like Thisはホント大好きでした。

オマーも、もうベテランの域ですが、大ヒットには恵まれてないのがキビシイところ。

では1曲UP
'90 OMAR / There's Nothing Like This

Powered by jamz_flava

なぜか髪型がボビ男Today階段バージョンww

やたらmyspaceに自VIDEOが貼られてるのでクレジット入り
あしからず。。。

次回はGROUND BEAT編を予定。
スポンサーサイト

テーマ:クラブミュージック - ジャンル:音楽

2006/05/24 00:05 | ACID JAZZ | COMMENTS(0) | Trackback(0) | pagetop↑
Herb Alpert / North on South St.
2006022002.jpg
Herb Alpert(ハーブ・アルパート)と言えばJAZZ,FUSION系の
トランペット奏者、音楽プロデューサーの大御所で
ラジオの深夜放送「オールナイトニッポンのテーマ」
Bittersweet Samba(ビタースウィート・サンバ)
有名ですが

1991年のこのアルバムでは突如R&B,hiphop,Acid Jazzの
サウンドを取り入れて"踊れるトランペットインスト"を作り上げました。

打ち込みも多用され、昔からのファンには酷評だったと思いますが カッコイイ音は当時のダンス番組"CLUB DADA"(Zooのアレ)にも使用されたりして、今でもたま~に聴きたくなります。
「歌無しはどうも・・・」の人にもお勧めです。
12inch試聴

アルバム試聴


と・・・ネタも無いのでBlog Petへw

JACKER1GO(笑)肉食べて、月に吼えるくらいですがw
シンプルで気に入ってます。欲を言えばもう少し変化(成長とか)すれば面白いんだけどなぁ。

Petではないですがこれと似たFlashでシロ(´・(ェ)・`)クマー
があるので紹介。
2006022003.jpg
こちらはちょっとブラックジョーク効いてます。
ここ


またまた関係ないですが・・・。

前にも紹介したNew Jack期のアルバム
'90 Tony Terry / Tony Terry  
2006022004.jpg
がヒットした
Tony Terryですが

'01 Tony Terry / MY BEST
2006022005.jpg
以来久々に新譜が出るようです。
ゴスペル系で活躍してるみたいですが、どうなんでしょう?
少し楽しみです。

TONY TERRY / Changed ! (2006)

KOCH
HMV

キャプは2nd発売当時SOUL TRAINに出演した時
2006022001.jpg


すげー(網?シャツ)衣装だw

最後に

映像が小さい!と外人からも文句がキタ━(゚∀゚)━!!(笑)
Groove Me Theater 更新w
まだSnoop Doggy Doggの頃DR.DREとのPerformance
をどうぞ♪

←アーカイブへ

TLCをどうぞ♪




テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

2006/02/20 23:50 | ACID JAZZ | COMMENTS(7) | Trackback(0) | pagetop↑
はじまりは Loose Ends ルース・エンズ
ひさびさUK SOUL
'96 Martine Girault / Revival
DSC00001.jpg

RAY HAYDEN・OPAZ好きには有名なマーティン・ジャロウ最大ヒット。Puffyの(ロコ~ン♪That' Right!)Bad Boys Mix目当てで当時購入。でもやっぱオリジナルにはかないませんな。
いい曲だ~。
GuruもJazzmatazz Vol.II13.Feel The Music
カバー?してます。
97年アルバムS.O.U.Lもまぁまぁでした。

'98 Pauline Henry / Sugar Free
DSC00002.jpg

JUICY「SUGAR FREE」のカバー。いつものBOOF OFFでゲット100円!前に紹介した元The Chimesのボーカルです。
さすがCUTFATHER & JOEな聴いてて心地よいMIXです。
Mtumeの「Juicy Fruit」使いもシビレます!
去年カバー集も出ましたね
'05 Pauline Henry / Best Cover Selection
これもよさげ。

'93'98 XL / Take5
DSC00003.jpg

みんな知ってるジャズクラシックDave Burbeck / Take Fiveのカバー。
93年盤は当時まだ渋谷のLOFT1階にWAVEがあった頃、ヘビロテでかかってて速GETした記憶があります。(六本木WAVEももう無いんだねーww)
なんといってもグラビKOOL SUMMER MIXは不滅の名作でしょう!
あと'98年盤はなんとアイズレーCaravan Mix入りヤバス!w
CDSではもう一枚"赤盤"があるんですが確かダブリ曲多かったはず。試聴

'93 Zachary Breaux / Impressions Featuring Guru's Strong Vibe Mix
DSC00008.jpg

Guru物を集めてた時に出会ったギタリスト"ザッカリー・ブルー"
有名なJ. Coltraneのインスト曲ですがもーカッコイイのなんの!
GuruのMixよりアルバムVer.の方がグラウンドビートしてて好きです。これからという時に97年36才でマイアミの海岸で人命救助中亡くなったそうです。惜しい人を亡くしました。

'92 The Quiet Boys / Can't Hold the Vibe
DSC00006.jpg

当時ACID JAZZレーベルよく買ってて(ロゴかっこいいですよね?)Chris Bangs,Mick Talbotときたらマチガイナイ!と購入。
ラガ調の曲はパスですが1.Inside Your Mindアイズレーカバー4.Make Me Say It Again Girl等は
US3,OMAR好きなら気に入るはず。

'95 Raw Stylus / Pushing Against The Flow
DSC00001111.jpg

クオリティ高い曲、メンバーも豪華!
なのに売れなかったのが不思議です。
プロモーションの失敗か?
ブランニューヘヴィーズと区別つかないからか?w

'90 Loose Ends / Look How Long
DSC00012.jpg

ラストは私がUK SOULにハマルきっかけとなったLoose Ends。
なんといっても5.Don't Be A Fool試聴
US BLACKにはない洗練されたストリートFUNKにやられました。
といってもこの頃にはオリジナルメンバーはカール・マッキントッシュだけになってましたけど。

そして

'92 Loose Ends / Magic Touch (CDS)
DSC00013.jpg


'92 Loose Ends / Tighten Up. Vol.1
DSC00018.jpg

これぞLoose Endsベストワークス!
内容は今までの数あるヒット曲のRemixでまとめられています。
リミキサーはFrankie Knuckles,David Morales,Gang Star,PM Dawn他
捨て曲無しの大傑作!ハウス聴かない私もナックルズ・モラレス全然OK!
なかでもGuru好きの私は5.A Little Spiceを大推薦!DJ PremirのテイクにGuruのフロウ!も~たまりません!

Vol.1ということでVol.2を期待しましたがグループは消滅?したみたいです。

ところが!

検索してみたら
Loose Ends New Years Countdown Concert at Oakland
(゚Д゚)ハァ?

LAでMusicianをやってるIndigochaさんのBlog
LA徒然日記
なんと日本人(本人)が演奏してるぅぅ!すげーw
カール・マッキントッシュと会ったんだ・・・(あたりまえw)
羨ましい~~!
ジェーン・ユージン(Jane Eugene)が再加入?してるみたいです。

なんか日本人として嬉しいです(ノ_・。)うぅ・・・。

TBもしときますw

テーマ:邦楽CDレヴュー - ジャンル:音楽

2006/01/10 00:16 | ACID JAZZ | COMMENTS(9) | Trackback(0) | pagetop↑
D-Influence   ディー・インフルエンス
UK SOULで常にクオリティの高いリミックス・プロデュース作品を出しつづけているグループ。
UK SOUL好きで嫌いな人はいないんじゃないかな?

1st(1992年)が出た頃は、トーキングラウド系(インコグニート,ガリアーノ,ヤングディサイプルズ)マッシブ・アタック,ブランニューヘヴィーズ,ワーキングウィーク等、買ったりしてました。

当時Acid Jazzを聴くと、なにかオトナになったような気がして・・・。(背伸びした気分(笑))
結局シングル曲だけは印象に残っているのですが、他はどーも馴染めなかった記憶があります。
まだ若かったせいか・・・(汗
ほとんど売ってしまいました(゚?゚)モッタイナイ!

'92 D-Influence / Good 4 We 売っちゃったw
'92 D-Influence CDS / No Illusions
'95 D-Influence CDS / Midnite

その後、彼らは他のアーチストのプロデュース/リミックス・ワーク
のセンスの良さで高評価を得ます。
"D-Influence MIX"ならマチガイナイ!みたいな。
確かにオシャレでかっこよかった!

2ndは買ってませんが3rd

'97 D-Influence / London

は傑作でした!特に
'97 D-Influence CDS / HYPNOTIZE

これぞD-Influenceというサウンド&ボーカル女性「サラ・アン・ウェッブ Sarah Anne Webb 」
の強烈なシャガレ声!いいです!

マイケルのカバーもありましたね。

'98 D-Influence CDS / Rock With You  タケーよw


その後、複数の女性シンガーをフィーチャーしたプロデューサー・アルバム
'02 D-Vas
'04 D'vas After Hours
でてますが・・・聴いてません(笑)

リーダーアルバムだったらなぁ。。。


日本では嶋野百恵

'98 momoe shimano a.k.a. MOET / baby baby,Service
値札つき(笑)
これ"ZAN"の「Want To be With You」
"Whitney Houston & Bobby Brown"の「Something In Common」
共に作はテディ・ライリー! のパクリですよね?(笑)

インコグニートともやってます。

"00 momoe shimano a.k.a. MOET / MOET Meets Bluey


D-InfluenceといえばSarah Anne Webbですが、調べたら脱退してるもよう・・・。ソースある人教えて(オイ)

試聴はここでドゾ


2005/11/10 23:40 | ACID JAZZ | COMMENTS(11) | Trackback(0) | pagetop↑
JAZZMATAZZ by Guru
Version 7.0 the Street Scriptures
も発売中のGURU(グールー)ですが





Guruと言えばなんと言ってもJAZZMATAZZです。

確かVol.3までのはず(Vol.4までと書いてあるサイトあるけど?)
Vol.1が出た時は衝撃でしたねぇ~。
ライヴ・ジャズとヒップホップの実験的融合の元祖的な作品で、豪華ゲストとともに傑曲が多いアルバムでした。

こんなPV集もありました。
'93 GURU'S JAZZMATAZZ Volume 1
INTRO TO JAZZMATAZZ BY GURU
1.Loungin'
2.Le Bien, Le Mal
GURU IN THE STUDIO
3.No Time to Play
4.Trust Me (Cj Radio Edit)
GURU'S CLOSING
5.Trust Me (LP version)

とにかく
 "1.LOUNGIN'" GURUちょー渋いです!
あと"4.TRUST ME"
ボーカルは元ブランニュー・ヘヴィーズのN'Dea Davenport
ブランニュー・ヘヴィーズと言えばN'Dea Davenportがボーカルしていた時期が一番好きだったので、このコラボには鳥肌ものでした。
LP Versionもいいのですが、CJ MackintoshがMIXした12"は絶品です。

'93 Guru / Trust Me - Featuring N'Dea Davenport
'98 N'Dea Davenport / N'Dea Davenport

Dallas Austin が絡んだソロ1st これもなかなか

"2.Le Bien, Le Mal"

Version 7.0で共同プロデュースしているMCソラー(MC Solar)
MCソラーといえばフランスを代表するヒップホップ・アーティスト
"Caroline(キャロリーヌ)"はとても好きな曲で
フランス語とRapがこんなに合うんだ・・・と新しい発見でした。




Slam Slamではハウスが多くてがっかりしたDC・リー (ポールウェラーの元妻)ですが

"3.No Time to Play"
一聴してわかるロニー・ジョーダンのギターをバックに気持ちよさそうに歌うDC・リー "ステキ" です。

'95 Guru - Watch What You Say

Vol.2からチャカカーン参加シングル



Jazzmatazz Vol. 3 (Streetsoul) は持ってません(笑)
これまた豪華なゲストで良さそうですね。




http://www.virginrecords.com/houseofguru/
http://www.gurugangstarr.com/
2005/10/09 22:05 | ACID JAZZ | COMMENTS(4) | Trackback(0) | pagetop↑
Dodge City Productions
'93 Dodge City Productions / Steppin Up & Out
Acid Jazz初ポスト 誰も知らないかも?(笑)
I.G Cultureが元在籍していたグループ。
ジャジーなhiphop好きにはたまらない曲がたくさん。
サンプリングや女性ボーカルのGhida De Palmaもいい感じです。
続きを読む
2005/09/19 23:41 | ACID JAZZ | COMMENTS(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。